2018年1月 2日 (火)

_20180102_184250 かっちょ良いラベルだなぁ。。     ヨハン・シュトラウスの、おそらくは50年は前のアルバム。  よく耳にする、スタンダードなワルツが、管弦楽の名演奏でもって。 仕事中の愛聴盤の仲間入り。  中古レコードの好きな所のひとつに、曲名に鉛筆とかで、しるしがしてあるところ。 これがあると、当たりが多い。  このしるしがあると、誰かが凄く気に入っていたアルバム、を意味するんだと思う。
あとを引き継ぐキモチでございます。

|