2017年9月21日 (木)

K9212017jimbolive2

27(水)は、福島市駅近くの、アウトラインでライブです。 神保彰さんがっ。 詳細っ。

|

2017年9月14日 (木)

K9142017jimbodarara_2

「そこそこ動く!!! 神保彰のすたたたスタンプ」 絶賛発売中でおます。

|

2017年9月13日 (水)

K9132017hers

あ。 表紙が、森高千里さんだ。 最新号「HERS/ハーズ」光文社刊の10月号が届きますた。 前にもご案内しましたが、最後の最後のページ、占いページの数字や飾りをチロチロ描いております(しばらくの間、同じ絵でございますが)。  よろしければ、お手にとってみてくださいね。  

K9132017suuji1

K9132017suuji2

|

2017年9月11日 (月)

K912017mirakuruworkshop

受付の締切りまで、もう3日となりますた。 

今年も、騒ぐ準備、よいかーズ。

|

2017年9月 6日 (水)

K962017osumasu

昨年の、むらくる矢吹でのワークショップは、チョウチョを塗り塗りしますた。 

今年は、10月14日の、土曜日です。

|

2017年9月 4日 (月)

K912017mirakuruworkshop

|

ん。  スッキリ。 事務所の椅子の下のマットを変えたら、すごいスッキリ。 事務所は、仕事をしながら、しばし大方漬け、、  大カタズ家、、  大片付けに突入。 すてる。 捨てる捨てるっ。 ノってるうちに、捨てる。 いただいたものも結構ございますごめんなさい。 セプテンバー・持ち物半分化計画。 ので事務所に来られるはずだった方、しばし入れませんので、オモテでアレしましょうね。

K942017danshari1_2
K942017danshari4_2
K942017danshari5  
K942017danshari3
が、断捨離ヘタクソ福島県中通り1位を誇る自分なのに、断捨離の本に描いてるのです。 やましたひでこさん著「見てわかる、断捨離」マガジンハウス刊。  2011年にコサえたムックですが、まだ発売されてる模様。  時折コンビニで見かけます。 このお仕事、実は、オファを受けた直後に東日本大震災が起き、原発が爆発、家族で避難した、新潟の親戚宅の、甥の机を借りて、描いた仕事ですた。 編集後記に、心のこもったコメントも書いていただいてます。 あきらめず、仕事を待っていてくださった、マガジンハウスの編集部さん、心から感謝感謝だったなぁ。 いつか、自分もチカラになれるよう。
もうチコっとで、日が暮れる。
K942017danshari2_2

|

2017年9月 3日 (日)

K932017sigure1

友人の石井さんが、先月須賀川に開店した、古物屋・時雨、を覗いてきますた。 出張プレイタイムカフェが開かれていたので、一杯いただいて来ますた。 古くてシブいけど重くない、独特の古物のならぶ空間です。  今日の丹治氏の珈琲との相性が自然でとっても良いなぁと感じますた。   時雨(しぐれ)、は須賀川、珈琲カルムの数件ならび。  木・金・土・日、午後からの営業とのことです。 オーナーも空間も、気取らず素敵です。  ふららっと訪れてはいかがでしょうか。 もっと詳細を、の方は、なんとかして検索を。

K932017sigure2

|

2017年9月 1日 (金)

K912017mirakuruworkshop

さて、受付がスタートしますた。 秋空の下、子供たちと、ひたすらグッッチャグチャに、絵具を塗って大騒ぎして帰る、そんな楽しい発散ワークショップ、今年も矢吹の「みらくる矢吹」で、行います。  10/14(土)。 3回目。  今回は、キノコにぐっっちゃぐちゃ、素手で素足で、塗ってもらいます。 矢吹の「みらくる矢吹」のフットサル場。 ただこれ、定員と対象年齢が決まっておりますので、フライヤーを拡大してよくご確認の上、お申し込みください。  メールのみの受付けと。 昨年は、数日で埋まってしまったので、とにかくお早めにご予約くださいね。 さぁぁみんなで、騒ぐずォー

あ、ひとつだけ。
予約された方でご都合が悪くなって来られなくなった方は、必ず事務局までご連絡くださいね。 昨年も、キャンセル待ちの方がたくさんいらっしゃいますたので。 そこだけ、よろしくお願いします。  
ぅぅぅ準備、がんばらねば、、ダンボール、じゃんじゃん切ってると、握力が上がって、絵を描くと、変な線になるんス、ちょっとの間。

|

2017年8月25日 (金)

K8252017otonahyooshi
K8252017otonaindex

んん、秋かぁぁ、もう。  

本日発売「おとなスタイル」秋号の、表紙ロゴまわりや目次、もろもろに展開される、ものすごい小さいコスモスの絵を描きますた。  よぉぉぉぉく見てチョ。 講談社の刊。 表紙の写真は上田義彦さん、モデルは桐島カレンさん、デザインは「考える人」をデザインされていた島田隆さん。  この秋号から、デザインがリニュアルとのことでもって、4つの季節、自分が花の絵を担当するでござる。 原田美和子編集長お世話になります。    描くズぉ、お花さん、待ってなよ。
K8252017otonahyoosi2_2
K8252017cosmos

|

より以前の記事一覧