2017年9月21日 (木)

K9212017jimbolive2

27(水)は、福島市駅近くの、アウトラインでライブです。 神保彰さんがっ。 詳細っ。

|

2017年9月13日 (水)

K9132017hers

あ。 表紙が、森高千里さんだ。 最新号「HERS/ハーズ」光文社刊の10月号が届きますた。 前にもご案内しましたが、最後の最後のページ、占いページの数字や飾りをチロチロ描いております(しばらくの間、同じ絵でございますが)。  よろしければ、お手にとってみてくださいね。  

K9132017suuji1

K9132017suuji2

|

2017年9月11日 (月)

K912017mirakuruworkshop

受付の締切りまで、もう3日となりますた。 

今年も、騒ぐ準備、よいかーズ。

|

2017年9月10日 (日)

K9102017nukinuki3
K9102017nikunuki2_2

ハイ次は、手描きストールのテスト。 これは、服の裏地につかわれる薄手の綿の生地に、脱色剤で描いて、絵を白く抜いていくもの。 塗っているのとは逆なので、生地の厚さがそのまま、というのが良いところ。 んん。ちゃんと抜ける。 時折、このストールを販売して来ますたが、1点ずつ描いているので、コサえるのに時間を要すため、出来たタイミングで、という感じ。 これは新しい生地の、書き味テストでございますが。 この秋、自分で巻いてみて、いろいろな感触を。

K9102017nukinuki1

|

K9102017test

茶碗を焼く前に、色々を試す、テストピース。 右が白土、左が赤土。 そばで見ると、ほんのり色が違う。 忍さんの提案で、半ナマの状態に、鉄を塗ってみる。 こーれは、書き味グーだし、掘りも入れやすい。 テストピースは、数十個コサえてみて、薬をつけて、焼いてみて。 予想や期待や、した通りにはいかないのが、焼き物の世界でござる。

|

2017年9月 9日 (土)

K892017kooboo

天気がいいな。 半袖にもどりますて。

陶芸の土にも、沢山の細菌がおり、良い作用をすることもあれば、ワルサもする。   今日も作業しながら、目からウロコが飛んで砕けちる話が聴けたよ。  ルーシーリーのあんな所やこんな所も。 頭が飽和状態にならずに色々おぼえられるのは、忍さんのおかげでござる。  かならずや良いものコサえなければ。

|

2017年9月 8日 (金)

K982017testkoi

夕方4時すぎたころ、AMラジオの音声が、数分間、プルプルプルと震えるように聞こえますたよ、これ影響ですか。 フレアの。 わからないね。

あすは朝から、茶碗の焼き方のお勉強。 素焼きの板に、鉄材の顔料を塗って、テストをしてみる。 焼き物は、経験値であることを、つくづく感じるなぁ。 なんでも、そうか。 
今宵、もうひと仕事。
一週間、おつかれさまでございますた。
週末は天気、よさそだな。
K982017so

|

2017年9月 6日 (水)

K962017osumasu

昨年の、むらくる矢吹でのワークショップは、チョウチョを塗り塗りしますた。 

今年は、10月14日の、土曜日です。

|

2017年9月 4日 (月)

ん。  スッキリ。 事務所の椅子の下のマットを変えたら、すごいスッキリ。 事務所は、仕事をしながら、しばし大方漬け、、  大カタズ家、、  大片付けに突入。 すてる。 捨てる捨てるっ。 ノってるうちに、捨てる。 いただいたものも結構ございますごめんなさい。 セプテンバー・持ち物半分化計画。 ので事務所に来られるはずだった方、しばし入れませんので、オモテでアレしましょうね。

K942017danshari1_2
K942017danshari4_2
K942017danshari5  
K942017danshari3
が、断捨離ヘタクソ福島県中通り1位を誇る自分なのに、断捨離の本に描いてるのです。 やましたひでこさん著「見てわかる、断捨離」マガジンハウス刊。  2011年にコサえたムックですが、まだ発売されてる模様。  時折コンビニで見かけます。 このお仕事、実は、オファを受けた直後に東日本大震災が起き、原発が爆発、家族で避難した、新潟の親戚宅の、甥の机を借りて、描いた仕事ですた。 編集後記に、心のこもったコメントも書いていただいてます。 あきらめず、仕事を待っていてくださった、マガジンハウスの編集部さん、心から感謝感謝だったなぁ。 いつか、自分もチカラになれるよう。
もうチコっとで、日が暮れる。
K942017danshari2_2

|

2017年9月 3日 (日)

ヤマハドラムス50周年記念コンサート

K932017ster4

うれしいのォォ、、 神保さんが、自身のツイッターに上げてくださいますた。 がんばって良かタ。。  神保さん、ツイッターから写真お借りしますた。

K932017jimbosan_2
K932017senri_2
終演後、お忙しい中、コミュニケーションをとっていただいて、本当に夢のようですた。 なのですが、私はまた自分的に、伝説のドジをしてしまいますた。 ガッドさんにサインをいただきながら、2ショットの写真を急いで地鶏、、自撮りしたのです。 そしたらどうでしょう、レンズがズームのままになっていて、自分の顔の半分と、ガッドさんの耳しか写らなかったではありませんかっ!!! ぅぅぅ、、もう一生お会いできないかもしれないのに、高校の頃からずっっとファンですのに、50歳になって今日やっと会えましたのに、こんだ写真はご本人にも失礼ですし、、
K932017gaddsang
それでも、時間は戻せません。
私は、このガッドさんの耳の写真を見て、頑張るんです。
やっとお目にかかれたのですから。
K932017minasanto
昨日のライブは、自分にとっても集大成のような気持ち。  精一杯、感じ、大きな声をあげて参戦しました。 これほどリスペクトを集める神保さんが、ドラムを始めるきっかけともなった憧れのスティーブ・ガッドさんとの、初共演でもって、今日は少年のよう。  そんな様子も、とっても感慨深かったのです。 自分の席は、ガッドさんの2メートル後ろ、デイブ・ウェックルさんまでは4メートルほど。  贅沢な生音を、正面で受けとめますた。  最後の4人による大セッションは、奇蹟の4名が、今向かい合っておしみなく叩いてる。 その光景に、今日は泣いてもいいや、の日にしますた。  
奇跡的にチケットがとれた事から始まって、しあわせをたくさんもらったライブでございました。

|

より以前の記事一覧