« | トップページ | »

2018年2月 9日 (金)

勉強不足であった、、 モハメド・アリのことを、なにも知らなかったよ。 アントニオ猪木と闘った有名なボクサー、くらいしか。 

モハメド・アリは、ローマオリンピックで金メダルを獲得。 プロになって3度の世界チャンピオン、国民的英雄となった。  しかし、60年代、激しかった黒人差別に、正面から1人立ち上がり、ベトナム戦争反対に正面から1人立ち上がり、反逆者としてアメリカ国民からもっとも嫌われる男となって、声援は罵声に、ついには、アメリカ国家からは、タイトルを剥奪され、ボクサーの資格停止、禁固5年、罰金1万ドル。 それでも信念を曲げることなく、全身全霊をかけ、歩きつづけた。 しかしやがて、黒人差別反対運動は、黒人アスリートを中心にアメリカ中に広まり、ベトナム戦争反対運動も、世界中に広がって、アメリカは撤退、ベトナム戦争は終結に至った。 世界で一番間違った男は、世界で一番、正しい男となった。 ボクサーの資格を奪われてる何年もの間も、日本に来たりして、たゆまず練習にはげみ、ふたたびリングに上り、世界チャンピオンに返り咲いた。 真の、英雄となった。
オバマ氏が大統領になれたのは、モハメド・アリがいたからであろう。 と。  はぁぁぁ..
その60年代、1人立ち上がり声をあげる事は、今の我々では想像を絶する大変な事だったろうな。 このチカラ、どこから来るのだろう。 
今さらだったけど、知る事ができて、良かった。

|

« | トップページ | »