« | トップページ | »

2017年7月 2日 (日)

K722017nichiyoubino

そぉだった。 この本が出て3ヶ月後に、東日本大震災が起きて、こちら福島、実家が半壊したり原発事故で新潟へ避難したり、毎日必死に過ごしてたら、出版されたうれしさが、どこかへ飛んでいってしまった一冊。 ちゃんと読み返してみよかなぁ。 

大平一枝さんと一緒にコサえた本、「日曜日のアイデア帖」。  ワニブックス刊。 歳時記の様な一冊で、季節ごとに色々なことを考えたり仕込んだりする、アイデア満載の一冊。 やぁぁしかし大平さんってすごいと思ったなぁ。 3名だけの小さな打上げで一杯やらせてもらったのですが、本当に普通の明るいお母さん。 作家的オーラが放たれていない。 や、自分は憧れの方にたくさん出会った方だと思うんだけど、尊敬する方々、皆さん、とにかくオーラを放っていない。 かえってそこに、また憧れてすまって、自分も、もともと放っていないオーラを、よりいっそう放たない様、常に心がけるきっかけとなりますた。 
話しは戻りますて、「日曜日のアイデア帖」、まだちゃんとアマゾンでも売っておりますた。 自分の絵は全編にわたり描きますたので、 数えてませんがおそらくは、モノトーンの図300カットくらいでしょぉか。  大平さんがご自身のホームページの仕事紹介で、洋風でも和風でもない唯一無二の独特の世界観あふれる絵を、おそろしいスピードで描き上げる大好きなコーチさん、と書いてくださってます。 凄すぎる光栄。 編集は、今南米へ移住してしまった、寺林真規子さん。 ブックデザインは、プリグラフィックスの川名潤さん。   この本にご興味わいた方、ぜひご一読くださいませ。  

|

« | トップページ | »