« | トップページ | »

2015年7月28日 (火)

んんー。 

ジンとくる。 「イラストレーション」誌の、一時代を築いた編集長、そして近年は「イラストレーションファイル」の編集長をされていた、片桐淳一さんが、本日で、勤務を終了されるお知らせメールをいただきました。  ウルルル。。 
ついに、そのときが、おいでになりますたか。
自分は今年でイラストレーター歴30年ですが、思えば、
自分が、イラストレーターという仕事を知ったのも、目差したのも、生業にできたのも、「イラストレーション」誌のおかげ、だかもなぁぁ。 目差す場所、指針、灯台、のようなものがはっきりしてた時代を、ズンズン歩いてこれたのは、幸せなことだなぁ、と思うのです。
広告代理店をやめ、独立&上京した23歳の、右も左も前後も上下もわからない、今より更に1000倍ペェペェだった自分は、片桐編集長に絵を見てもらいたくて、本に載せてもらいたくて、飯田橋の編集部に足しげく通ったのを、ウソじゃなく、昨日の事のように鮮明に思い出すんです。
25年もの間、ずっと関係を保ってくださって、ついには、昨年のイラストレーションファイル2014の表紙を描く大役まで自分にくださった片桐さん、
心底、感謝しか無いんですが、まだこの先、
どこかで何かでご一緒することがあるかもしれませんね。 
どうぞよろしく、おねがいします。
ひとまずは、おつかれさまでした。
本当に、ありがとうございました。
イラストレーターは、 自分の、一生の生業です。

さて、つづきは家でやろかな。
どこの国のだかも解らぬBEERを、
120円で買ったので、ひっかけながら。
おつかれデス。

|

« | トップページ | »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »