« | トップページ | »

2014年11月12日 (水)

そぉか。わかった。やっぱり、入れる時間の長さだ。どぉしても苦くなってしまうので、  丹治マスターに電話でレクチャーしてもらいますた。あ、 珈琲の入れ方です。 丹治マスターが湯を垂らす速さを前に観てて、真似して入れてたんだけど、使ってるドリッパーの穴の形状が違うらしくて、自分のカリタのものだと、もっと速く注がないと、苦くなってしまうかも、とのこと。 どぉりで。 よし、明日の朝やってみよう。 まぁぁ原因ってあるだよなぁ、かならず。

|

« | トップページ | »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »